海外クレカ簡単取得

 現在、HSBCの口座開設およびクレジットカード発行が尖閣諸問題により大幅に遅れています。
 システム・Kではお客様にご迷惑をおかけする事を避け、現在は迅速に対応して頂ける
 Bank of China(中国銀行)で進めております。
 @日本国内でクレジットカードが作れない方必見です。
   【必要書類】
   身分証としてパスポートまたは免許証のコピーいずれか一点
   住所が確認できる公共料金または電話の請求書コピーいずれか一点
   口座開設時に初期預金(日本円で8,000円)
   以上のご用意がご準備できれば約2ヶ月程度で口座開設およびクレジットカード取得出来ます。
   海外のクレジットカードは非居住者には渡航でのお申し込みや多額なデポジット(担保預金)
   が必要ですが現地法人がBank of Chinaと深い信頼関係があり最速で作業を進めて頂けます。
   以下にカード画像がありますのでご参照願います。
   

   
 万里の長城プラチナマスターカード  家族リベートカードで日常生活に特典あり
   
 ショップカードで6%のリベートを受け取れます  万里の長城プラチナビザカード

お問い合わせはこちらよりお願い致します。



@HSBC(香港上海銀行)カード
  日本国内でクレジットカードが作れない方必見です。
  海外クレジットカードは書類手続きに加え非居住者は身分証としてパスポートの認証や
  住所が明確な証明として公共料金の請求書の提示が求められます。
  最大な難関が担保預金(デポジット)が最低$3,500=日本円で約28万円の担保預金がないと
  クレジットカードが作れません。
  又、担保預金の70%がクレジットラインとしてしか使えません。
  厳密に言うと28万円の担保預金として約20万円がカードが使える枠となります。
  さらに担保預金は維持していないとカードが使えなくなる事があります。

  【今回のHSBCカードの特徴】
  今回のHSBCクレジットカードは現地にエージェントが書類申請手続きをしてくれますので
  日本に居ながらクレジットカードが作れ担保預金も必要ありません。
  HSBC口座開設の際に口座維持手数料を100香港ドル=日本円で1,000円残高があれば
  全然、問題なく使用できます。
  HSBCクレジットカードは日本のカードサイトでは渡航すれば作れるサイトはかなり存在しま
  すが渡航なしで作れるサイトはここ、カードシステム・Kだけです。
 
  【必要なもの】
  パスポートコピー/免許証コピー/メガバンクに口座がある事
  メガバンクとは日本の都市銀行同士が合併して出来た銀行で三菱東京UFJ・みずほ銀行・
  三井住友銀行・りそな銀行などを言います。

  クレジットカードの枠ですがすべてショッピング枠で日本円で約120万円
  クレジットカードです。
  お客様の状況(銀行残高証明書)により30万円から50万円のクレジットカードに
  なる事もあります。
  
  ご安心下さい。100%安心してカードがお手元に届きます。
 

  HSBCアドバンスプラチナカード  HSBCビジネスアカウントゴールドカード



Aクレカゴールドカード(ユーロ立て)
 簡単な書類作成と一ヶ月間デポジット(担保預金)を維持できれば一ヵ月後に
 デポジット下してもクレカとして使用できます。
 ほとんどの海外クレカはデポジットの範囲内約70%でしか枠がありませんが
 こちらで紹介しているものはデポジット下ろしてもクレジットカードとして機能します。

Bヨーロッパ他のベリーズ・セーシェル・ラトビア・タンザニア・キプロス・スイス・
 リヒテンシュタイン各銀行のクレカもA同様簡単な書類作成と一ヶ月間デポジット
 維持できれば日本円で約30万円程度のクレカは何枚でも作れます。

C無記名カード
 無記名カードは高いセキュリティの要求される場面に、記名カードはごく通常の用途に
 使用することができます。
  きわめてセキュリティが高いという点を除けば、普通のカードとまったく変わりません。
 なお、無記名カード・記名カードの両方とも、ATMで使用するときは自動的に無記名扱い
 となり、個人情報はATMに記録されません。


 全て100%可能です。

 お問い合わせはこちらよりメールお願いします。